このブログを検索

2015年12月18日金曜日

【死刑執行】 津田寿美年・川崎一家殺害

法務省は18日、平成21年に川崎市で起きた
アパート大家の男性ら3人殺害事件の裁判員裁判で
死刑判決を受けた津田寿美年(すみとし)死刑囚(63)ら
2人の死刑を同日執行したと発表した。

裁判員裁判で死刑判決を受けた死刑囚では初。
執行は今年6月以来で、
岩城光英法相は10月の就任以来初の執行。
 
確定判決によると、津田死刑囚は21年5月30日、
住んでいた川崎市幸区のアパートで、
大家の柴田昭仁さん(73)と弟の嘉晃さん(71)夫妻の
3人を包丁で刺殺した。
殺人罪に問われ、公判では「命で償うしかない」と謝罪。
弁護側は計画性がなかったと主張したが、
横浜地裁は23年6月、求刑通り死刑を言い渡した。
その後、弁護側は東京高裁に控訴したが、
同年7月に津田死刑囚が自ら取り下げ、死刑が確定した。


 2015.12.18 11:30



この事件の裁判員さんのインタビュー記事を読んで

すごく心に残ったのでメモを取っていました。

お友達が
貸してくてた本です。


『 裁判員のあたまの中 』

田口真義 著

14名の裁判員経験者にインタビューして
まとめた本。

全体的に
とーーーっても面白いんだけど、

その中でも

津田寿美年元死刑囚の裁判員さんの話が

すごすぎた ( •̀ㅁ•́;)

内容を少しご紹介。




川崎 一家殺害 死刑判決 


2011年6月2日〜6月17日 横浜地裁


被告人の最終陳述では、亡くなった被害者とそのご遺族への謝罪と、

「極刑を覚悟しています」という言葉が述べられ、公判は結審した。

被害者(遺族)意見陳述は、被害者の孫まで引き連れて一家総出。
総勢8名と代読1名分の被害感情、処罰感情の凄まじさは、
その日の法廷を暗然たる空気で包んだ。
「 極刑!」、「 死刑!」を被告人と弁護人は一身に浴びていた。
16歳の孫は『 犯人は消えてください。』

『 一般的には主文を後回しにするものですが先にします。』

主文から始まる異例の死刑判決は、ご遺族の溜飲を下げるために
裁判官がとった苦肉の策だったのかもしれない。

死刑判決をしたことを打ち明けた友人から

「人を殺したのか?」と言われました。
そう言われてから、間接的だけれども、
一人の人を殺してしまうことになるのかな、
と思うようになりました。

これだけ悩んで出した結果だから、控訴しないで欲しいと

思っていましたが、日が経つにつれて控訴して欲しいと
思うようになりました。
一人の命の判断をプロの裁判官だけでもよく考えて欲しい、
と思うようようになりました。

すごく考えさせられました。

彼を含め、この裁判の裁判員、裁判官は
今なにを思っているのだろう・・・

『 裁判員のあたまの中 』
是非いちど読んでみてください!
激しくおススメですっ (。ŏ﹏ŏ)!

【死刑執行】津田寿美年 川崎一家殺害②FNNインタビュー
http://jazzytokyo106.blogspot.jp/2015/12/blog-post_98.html




0 件のコメント:

コメントを投稿