このブログを検索

2015年11月10日火曜日

ストーカーになった元夫③論告・弁論

論 告

被告人の犯行は執拗で悪質。

被害者は、離婚後
2度にわたり転居を余儀なくされた。

被害者が病気であるなどと書いた紙を
玄関ドアに貼られ、名誉を害されている。

既に離婚が成立している被害者に対する
自己中心的な犯行。

常習性が顕著で再犯の可能性が高い。
警告を受けていたのに各犯行に及んだ。
被告人は規範意識が鈍麻している。

※鬼の早口で ほとんど書き取れず (´;ω;)


求  刑


懲 役 1 年 6 月



弁  論

控訴事実については争いません。

被告と被害者は意見が合わずに離婚した。
被告の考えが被害者に伝わらず、全否定された。
十分話を聞いてもらえないまま離婚になりパニックになった。

被告はうつ病に罹患している。
強すぎる愛情と被告の病が今回の犯行を引き起こした。

被告は反省している。
罪を認め、捜査に協力している。
法を超え、許されないことをしてしまったと
十分理解するに至った。

十分な制裁を受けている。
逮捕されてから3か月、身体を拘束されている。

被告には前科前歴がない。

逮捕されて、落ち着いて気持ちの整理が
できるようになった。
深く反省していて、再犯の可能性はない。

社会内で更生させるのが相当。

執行猶予付き判決を求めます。


最 終 陳 述

私の行為で、彼女には苦痛を与えました。
私はこの先 行きませんけど、
また家に来るのではと、トラウマが続くと思います。
面会は、直接会うのは難しいと思うけど
彼女に対しても、苦しみを和らげることが
できると思ってますし…娘に対しても
しかるべき第3者を介して、
タイミングをみて…$#%&@¥$%

・・・よく分かんなかった (=‐ω‐=)

15:40 おわり


被告人は壊れた自身の心を治そうとしています。


判 決 言 い 渡 し

11月13日(金) 13:30 



ストーカーになった元夫①冒頭陳述
http://jazzytokyo106.blogspot.jp/2015/11/blog-post_23.html
ストーカーになった元夫②被告人質問
http://jazzytokyo106.blogspot.jp/2015/11/blog-post_80.html
ストーカーになった元夫③論告・弁論
http://jazzytokyo106.blogspot.jp/2015/11/blog-post_10.html





0 件のコメント:

コメントを投稿