このブログを検索

2015年6月19日金曜日

ナンパでいきなり「フェ〇して!」強制わいせつ

2015年6月17日
東京地裁 726号法廷
刑事第6部B係
平成27年刑(わ)第1063号
室橋雅仁裁判長


被告人は22歳男性。黒髪坊主にあっさりした顔。
ちょーーーおとなしそうな好青年風。
とてもとても、あんなことやったとは思えない出で立ちっ!

裁判の為に髪黒くして短くしてヒゲ剃ったりピアス外したり
したのかもだけどね (・ัω・ั)

この被告は保釈されています。
※拘置所で拘留されながら裁判を受けるのではなく、
保釈金を払って普通に外で生活してるということ。

起訴状

① 平成25年9月6日 午後8:25~8:55頃までの間
世田谷区〇〇の路上でAさん当時17歳に声をかけ、
着衣の上から胸と臀部を触り、その後服の中に手を入れ直接胸を触った。

② 平成26年6月26日 午後11:00~11:20頃までの間
世田谷区〇〇の路上でBさん当時19歳に声をかけ、
いきなり抱きついてキスをし、陰部に直接指を入れ、胸を触った。


罪名

強制わいせつ

冒頭陳述

① 被告は平成25年9月6日、勤務先の引っ越し業者の応援要員で
世田谷に来ていた。※住まいは地方都市

終業後Aさんを見とめ、
〇〇(たぶんマンションか何か)の敷地内に連れ込んで犯行。


「キスして」 「フェ〇して」 「胸触らせて」 

などとAさんにせまり、
Aさんは 「イヤだ」 と断ったが無理やり胸とおしりを触った。

・・・ナンパでいきなりこんな事言う人がいるんすか (*_*)!!!!!

Aさんの供述調書
「フェ〇して」 などと言われ、断ったがボタンをはずされ、直に胸を触られた。

・・・法廷で「フェ〇」という言葉を聞いたのは二回目ですヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ

1回目はこちらw↓
【強姦】常連客とカラオケの後で…①
http://jazzytokyo106.blogspot.jp/2015/03/blog-post_23.html

② 平成26年6月中旬、仕事で世田谷に来ていた。
6月26日、路上でBに声をかけ、公園に連れ込んだ。

Bさんの供述調書
公園のベンチに座った。被告は肩に手をまわしてきてディープキスをしてきた。
頭を押さえれれてやめてくれなかった。
ブラの上から胸を触られ、ショートパンツに手を入れらた。
直接指を入れられ動かされてしまった。
事件があってから夜歩くのがこわくなった。


被告人の供述調書

Aさん事件
最初はナンパ目的だったが話していたら触ってみたいと思った。
抱きついたら興奮してしまった。
お尻に関しては覚えていないが、Aさんが言うならそうだと思う。

Bさん事件
友達になりたいと思った。
話しているうちにキスしたくなった。
相手はびっくりしていた。手を振り払われたがキスし続けた。
陰部に手を入れ、膣に指を入れて触った。


弁護人 冒頭陳述

Bさんとは示談が成立している。
示談金の150万円のうち120万円は支払済み。
残りは社会復帰後、一年以内に払うと約束。
Bさんは告訴を取り消した。


証人 被告の父

弁護人
どんな息子さんですか?
「社交性があり、明るい性格です。」

〇〇(地元)に住んでる時にこのような事件を起こしたことは?
「私の記憶ではありません。」

被告から事件を起こしたと聞いた?
「聞いてません。」

知ったときはどう思いましたか?
「目の前が真っ暗になり、がく然となりました。」

被害者に対してなにかしましたか?
「謝罪の手紙を弁護士さんを通じて渡してもらい、受け取ってもらえました。」

被告とは今同居していて、今後も同居を続け、より一層監督していく。
示談金は本人が分割で父に返すことになっている。

最後に一言
「被害者さま、被害者のご両親さまに深くお詫び申し上げます。(深く頭を下げた)」


被告人質問

弁護人
Aさんに最初に声をかけたときはわいせつするつもりで?
「声をかけたときはわいせつするつもりはなかった。」

いつの時点でしようと思った?
「話してるうちに…タイプだったんで…自分の勢いが抑えられなくなりました。」

Aさんの反応は?
「嫌がってました。」

でも止めなかったのはなぜ?
「話してるうちに、欲求が抑えられなくなりました。」

Bさんとも最初は話だけ?
「はい。」

Bさんの反応は?
「受け答えはしてくれていました。」

なぜ話すだけじゃなくわいせつ行為を?
「欲求を抑えられなかった。」

振り返ってどう思う?
「2人に対して反省と謝罪の気持ちを持っています。
〇さん(どっちか聞き取れず)の彼氏さんになんたらかんたら・・・
彼氏さんにも申し訳なく思っています。」

Aさんの父親と5月8日に多摩川警察署で面会の予定だったが実現しなかった。
検事が(たぶんAさんに)連絡したところ、(Aさんは)きちんと処罰して欲しいと。
Aさんの父親もその意志に沿うとして面会がなくなった。
Aさんとは示談していないが求められたらする意向。



論告

夜間に見知らぬ被告から突然胸や臀部を触られる、キスをされ直接陰部を
触られた恐怖は相当なもの。

求刑

2年


弁論

控訴事実は全て認めていて、争いはない。

■犯行は偶発的
極めて衝動、かつ偶発的。
被害者に狙いをつけていたわけではなく、計画的犯行ではない。
被害者とはしばらく会話をしており、最初は話すだけのつもりだった。
通り魔的犯行よりも重くない。

■Bさんは告訴を取り下げている。
被告に社会復帰してもらいたいという思いから、示談金の一部を分割にし、
被告自らが働いたお金で払って欲しいと望んでいる。

■更生の可能性が高い
被告は今22歳。 今後は真面目に生活することを誓っている。
父親も監督を誓っている。

以上の情状を考慮して
執行猶予付き判決が相当とする。


最終陳述

これから社会復帰してきちんと自立して頑張りたいと思います。
今回のことは本当に申し訳ありませんでした。


次回 判決

7月1日 13:20 726号法廷

ナンパでいきなり「フェ◯して」判決傍聴記はこちら↓
http://jazzytokyo106.blogspot.jp/2015/07/blog-post_7.html

0 件のコメント:

コメントを投稿