このブログを検索

2015年3月30日月曜日

【オウム】高橋克也 第34回公判②被告人質問2日目

◆地下鉄サリン事件◆

井上から “運転のワークだ” と言われた。なんだ~運転かぁ~と思った。

サリンをまくという説明はない。
(-"-)<アーナンダは直接オレに言ったって証言しやがったけど!

 科学技術省の人達を渋谷ホームズに案内してくれと言われた。
渋谷ホームズはたぶん信徒を増やす活動に使う予定で借りた部屋だと思う。
自分の車に乗せ、もう一台を誘導したが、誰を乗せたかは覚えていない。
ホームズに着いたときには暗かった。たぶん19時くらいだったと思う。
着いてから座って休んでいた。うとうとしていたかもしれない。

石川さんはいた?
「あーーーー、いついたかは分からないけど小さい部屋でちょっと見た気記憶があります。パソコンを触ってたような。」

何をしに集まっているのか誰かに聞いた?
「聞いてません。」

何をするか考えた?
「特に考えなかった。」

林郁夫はいた?
「全員入った時にはいなくて、遅れて…誰かが迎えに行って途中から加わりました。
今の記憶では井上は林さんより先に来た。井上ははしゃいでた。笑ってて、何かに対して嬉しがっていた様子。
井上が“ペアで行動する。”と言ってペアを発表。自分は豊田君とペアだという事を言われたと思います。どこに送るという話もあった。時間の話もあって、8時に間に合うようにということだった。」

議論だった?
「一方的に指示された。伝達されたという感じで、なにをするのか大よそ理解できた。」

井上から“サリン”という言葉は出ていない。目的の説明も出ていなかった。
“ちゃっちゃとまく”とう言葉は出たかもしれないが他の場面と混同しているかも。

その後豊田と下見に出かけた。車中では全く会話はなかった。

全く無言で下見?
「この辺に停めて待っててください、とかはあった。恵比寿に行ってください、とか。
指示だけで会話はなかった。自分のワークは中目黒で降ろし、恵比寿でピックアップすること。待ち合わせ場所を決め、21時か22時頃渋谷に戻った。

渋谷ホームズで泰男さんが電話を受けて、その後 “マンちゃんが戻ってこいって言ってるんだよな~” とぼやいていた。※マンちゃん=マンジュシュリー正大師(村井)w
その後、車を取りにいき、戻ったら誰もいなかった。北村と新実くらいは残っていたかも。
それからとりあえず休んでいたと思います。寝たかったけど12時間くらいしか寝れなかった。」

上九に行った人達が戻ってきてまたバタバタしだした。
ビニール袋に液体が入っているのを見た。
大きさは20×20cm位。誰かが素手で持っていた。中の液体はウイスキーのような色。

・液体の説明はなかった。
・液体が何か話している人はいなかった。
・豊田はサリンと言っていない。
・大きな声で“みなさーん!”と言っていない。
・サリンを取りにきてくださいと言った人は一人もいない。
・誰もサリンと言っていな-------い!!!!

なんだと思った?
「よく分からなかった。」

なんであるか考えようとした?
「特に推測しようとした記憶はないです。自分の仕事とはあまり関係なかったので。豊田君を駅まで送り届けるのが自分の仕事。」

傘、注射器は見ていない。
6時頃出ようと豊田が言ったので530頃車を取りに行ってマンション前にまわした。

・車中では指示だけで会話はなかった。途中豊田は新聞を買った。
・人気のない所に停めてほしいと言われて駐車した。
・後ろの方でガサガサ新聞でなにかしていたが見ていない。
・車内でビニール袋も傘も見ていないと思う。

700前後、中目黒駅で豊田は降りた。“気を付けて” と声を掛けた。
その時豊田は黒っぽいカバンとビニール傘を持っていた。

何をするんだろうと考えた?
「特に考えてないです。」

車を恵比寿に回し指定の場所に停めた。
別れてから1時間後くらいに豊田が戻ってきた。特に変わった様子はなかった。
豊田は運転席の後ろから入った。その直後に鼻水と涙が出てきた。
“何これ?” と言うと豊田は “足で踏んだ” と答えた。それ以外のやり取りはない。
運転しづらくなったら困るのでとりあえず窓を開けた。

足に付いたと言った?
「言ってません。」

“付いてるんじゃないか?”と発言した?
「してません。」
(*_*)<豊田はそう言ってるけどな

痙攣や耳鳴りはあった?
「実は・・数年前から耳鳴りはあって・・・」
・・・うける。笑った

頭痛は?
「あの・・実は頭痛も元々あって…」
・・・おもろいぜ~☆
・運転に支障がでるほどではなかった。
・このまま放置すると死ぬとは思わなかった。
・足で踏んだと言われたので袋の中身の液体を踏んでついたのかなと思った。

豊田に人気のない所に行ってくれと言われたので、来た道と違う道を使って遠回りをして帰った。

900すぎ位にホームズに戻った。

部屋の様子は?
「まだあまり人が帰ってきていなかった。郁夫さんが注射をしていた。私もこういう症状がありました~、涙と鼻水が出たんですって言ったら、眼を見られて、これは打った方がいいと言われ注射されました。」
(+_+)<郁夫先生はスマンガラから打ってくれと寄ってきたって言ってるけどね

“中毒みたいです“と言った?
「言ってません。」

注射の正体の説明は?
「ありませんでした。」

「井上が小さいテレビでニュースを観てました。地下鉄で・・・・(沈黙)・・・(長っっ!)・・・
倒れている人がいるという報道。井上は…違和感がある、そぐわない感じだったからよく覚えてる。ニヤニヤして嬉しそうだった。何人か見てたが、井上以外は凍りついていた
そのあと、井上はテレビを切って“解散してください!”と。

豊田がやった犯行はいつ知った?
「たぶん一週間後位に知った。豊田がまいた物がそんなに大ごとに、と思った。」

平成611月末にサリンを製造していたのを知っていた?
「知りませんでした。」

平成7320日は?
「知らなかったです。」

松本サリン事件も教団がやったと全く知らなかった。

地下鉄サリン事件後、振り返って松本サリン事件の事を考えた?
「ひょっとしたら我々の誰かがという疑念が生まれた。」

その疑念を誰かにぶつけた?
4月中旬くらいに中川さんに…“ひょっとしたら松本もうちの誰かがやったの?”と聞いた。
言いよどんでたから、それ以上聞かなかった。」

麻原の説法で“サリン”と言い始めたのはいつ頃?
92年とか93年頃。教団が攻撃されていると。」

信じた?
「まあ、グルの説法に疑問を持つのはいけない事とされてけど不明な部分が多かったから…喉から血を出したとか、シャワーのお湯に触れた途端、大火傷とか聞いてたので、サリン攻撃か、それに類するものと理解してました。」

平成711日の読売新聞見た?
「見ました。」

どう思った?

「やっぱり説法の通りだったのかな、攻撃されてるのかなと思いました。生成してるとは考えなかった。」

③に続く~☆

【オウム】高橋克也 第34回公判①被告人質問2日目

2015324
高橋克也
東京地裁 104号法廷

被告人質問2日目、
前日に引き続き、仮谷事件について弁護人から質問です。
前日は報道席が5席多かったんだけどこの日は普通に戻ってた。

◆仮谷事件◆

2サティアンに着き、高橋は車の中で数時間寝ていた。
中川に起こされ「我々が連れてきた男性が亡くなった。」と告げられた。
明け方、明るくなり始めていたので5時頃だと思う。

「初めて体験した。なんか…意味も分かるんだけど…何が起きたか分からないような・・頭の中が空白になりました。
自分自身に告げられてないような気もして…だんだん、何で死んでしまったんだろうという思いが・・」

それから建物の中に入り、男性の寝ている部屋へ。
運び込まれた状態のままで布団に寝かされていた。
中川や他の人から、なぜ亡くなったかの説明はなかった。

なぜ亡くなったか考えた?
「はい…、そうですね。亡くなったことがショックで…なぜ亡くなったのか考えました。
自分としては、まあ…、その…居場所を聞くという事と…なんていうんでしょう…亡くなってしまった事が結び付かないというか・・・居場所を聞いて…その・・帰すと思っていたので…ショックでした。」

その後なにか起こりましたか?
「中川さんから…う---んと…まあ…井田…くんにですか・・えーっと、その・・・。
男性が生きていることにして首を絞めさせると・・・。」

誰がいた?
「中川、井上、中村、私、平田悟がいたと思います。」

井田に首を絞めさせてその男の人が死んだ事にする“ なんの為に?
「説明はありませんでした。」

どう思った?
「いや、もう…これはその・・・男性が亡くなったのがショックな上に、なんでこんな事を井田君にさせるんだろう、どういう意味が…。もし、もしです…本気で言ってるんだったら、やっぱり相当ショックでしたね。井田君に首を絞めさせるのがショックでした。」

誰にもなぜ?と聞かなかった?
他の人も何の言葉も発してなかった。一種異様な雰囲気でした
少し遅れて井田君が来たと思う。ひものようなもので…中川さんが告げたと思う。首を絞める行為におよびました。」

真っ直ぐ見れた?
「いや…。見れなかったですね。これもちょっと異様な…醜悪とも言えるような感じなんですけど…彼(中川)は死んでるのは知ってるんですけど、脈や眼を見て、“亡くなっている” と井田君に告げました。

それから?
「遺体を焼却することになりました。井上の指示で、“焼却してくれ。手伝うように”と。
遺体を焼却装置のある地下に運びました。広い所の端っこに近い所に装置があった。ドラム缶に操作盤がついた装置が付いてました。」

誰と一緒に運んだ?
「井田、中村、私、その時は井上、中川も入っていたと。布団ごと遺体をドラム缶に入れました。
それで、たぶん中川さんがスイッチを入れたと思います。覚えてるところはそれくらい…。井上から、時間がかかるから見張りをしろと言われました。
交代で見張りをしました。2日くらい。」

「中川さんに、ちょっと質問した事があります。
“こういうやり方が正しかったのか?”と。中川さんは言いにくそうに“確かにそれは、その通りだ。”といいました。」

男性の死に個人的な思いは?
「前年に父親が亡くなって。その…なんえていうか、体付きは違うんですが、面影が重なってたっていう部分があります。葬儀にはいかなかったんですが、教団の説法で、出家した人が功徳を積めば…(この先メモとれなかった。功徳を積めば、その家族にとっても大きな徳を積んだ事になって幸せになるという趣旨)で、瞑想しました。」

・居場所を聞き出すのは自分の仕事ではない。
・男性を上九に連れて行くのがワークだと思っていた。
・ナルコは聞いたことない。
・教団の誰ができるのか知らない。
バルドの悟りのイニシエーションはどんなものと理解?
「詳しくは分からないけど、薬を使って潜在意識にアプローチするすごいイニシエーションだと聞いた事はある。どういう人がやるとか、何の基準かは理解していなかった。

誰が施すかは知っていた?
「知りませんでした。」

キリストのイニシエーションはCHSに入った前後に受けた。個室に入ってジュースを飲んで瞑想するものだった。

どういう状態になった?
「視覚的に変化が起こってきた。色が見えてきました。何が入っているかは疑わなかった。」

その後、井上に何か違う感情を持った?
「それはありました。」

どんな?
「う----ん…え・・まず…あの…そ----、結局…その…なんてゆんでしょ…
ああゆう…無理やり連れてきたんですけど…そういうやり方は本当にグルの意志なのかなっていう疑問はありましたね。
連れてくる方法がグルの意志ではないのではと。
やるべきじゃなかったと思った。
父が亡くなってから修行をしていたら、井上から“そんな事をしてもしょうがないんだよ” と言われてショックだった。彼は笑いながら言ってたんで、その様子にショックを受けて…そういうところから疑念がでてたと思います。
“これがグルの意志だったのか?レーザーが効果ないと分かった時点で止めるべきだったんじゃないか?”と事件後、井上に言った。それまでは井上に疑念を言った事はなかった。」

それからは相変わらず運転の生活。拠点は今川だった。

そのころ井上との関係にギクシャク?
「ちょっとギクシャクした感じでした。運転は他の人に頼むから休んでくださいとか言うようになった。

◆アタッシュケース事件◆

平成7319日に実行

数日前に井上から“ウイルスをまくから手伝ってほしい”と言われた。
ウイルス、効果の説明はなかった。
仮谷さんの事件の強制捜査の矛先をそらすみたいな感じだったかも。

車の中に遠藤がいた。スポイトで液体を吸い上げてカバンの中に入れた。

マスクなどはせず、平服でやっていた。

②に続く~☆

【オウム】高橋克也 第35回公判②被告人質問3日目

◆地下鉄サリン事件

他の人のペア一緒に発表されたが、当時5組を数えて認識はしていない。
地下鉄路線の話があり、井上と豊田から日比谷線だと告げられた。

自分のワークに関係したことしか記憶にないっ( •̀ㅁ•́ )<信じて〜!

井上は“サリン”と言っていなかった!
それは確実!( ´Д`)<スマンガラ嘘つかないもーんっ!!!!

何かをまくという話は?
「・・・ちょっとはっきりしないです。」

地下鉄にまくという話は?
「・・はっきりしないですね。」

時間の話は?
「時間は言ってました。その時に間に合うように豊田を送り届けると理解しました。
サリンをまく時間の認識はしていません。」

“一斉にやる。”という記憶は?
「どうなんだろ・・ひょっとしたら出てたかも…はっきりした記憶はないです。」

“霞ヶ関駅を通る”とか“警視庁”という話は?
「ちょっとはっきりしません。」

強制捜査を妨害するためという話は出た?
「・・(沈黙)・・・(長い沈黙)・・・ちょっと…覚えてないですね。」

量が増えたという話は聞いてない。誰もサリンと言ってない。“ちゃっちゃとまく” は誰か言ったカモ?

隠語を知っていたのでは?
「知らなかったです。」

"サリーちゃん" と取り調べのとき話してませんでした?
「はい。話してたかも。」

どうして知っていた?
「事件が終わって、今川を離れてから聞いたような記憶があります。
山中に(薬品を)隠したときとか。
その時(取り調べ時)は記憶喚起もしてないので混乱してて、何か答えなきゃと思って・・まあ、混乱してたって事ですね。はい。」

高橋は愛師。そこにいた科学技術省のメンバーは菩師。
愛師と菩師は同じだが、菩師の方が上に見られていた。次官という認識はなかった。

麻原の運転をしたことが1~2度あり、外崎と北村、杉本が運転手だという事は知っていた。

麻原に運転役に選ばれたと思った?
「その時は考えなかった。」

特に大きなワーク、非合法、ヴァジラヤーナのワークで、医者の林郁夫がいるので何かあったら治療してくれると思わなかった?
「特に思わなかったです。 豊田が何をするとか考えなかった。
送迎すればいいしか考えなかった。」

林泰男が “もの” と言った記憶もない?
「はい。」

豊田が足で踏んだものは液体だと思い、換気しなきゃと思った。
帰りは遠回りをしたが高速道路は使っていない。
林泰男に「私にも打ってください。」は言ってない。
「涙や鼻水が出ました。」しか言っていない。
この時、PAMという言葉はでていない。

テレビでニュースを見ていて井上だけが喜んでいた。他の人は凍りついていた。
井上だけの感じが印象強い。
「やりましたね!」と言った人はいない。

緊急でニュースになるくらいだから、かなり大ごとになったと思った。

「サリンだと分かったのはニュースで報道されて知ったんじゃないかと・・・」
・・・絶対ウソっっっ٩(๑òωó๑)۶!

ビニール袋に入った液体は何か考えた?
「一瞬ちょっとは思いました。茶色くて、ビニール袋に入っててタプタプしてなんだろーと。」
・・・タプタプ

これをまいたら人が死ぬっていう不安は少しもなかった?
「なかったですね。」

猛毒の化学兵器を使うと頭をよぎらなかった?
「なかったです。」

なぜ
「・・・なかったとしか言えないです。」

仮谷さんが亡くなった。教団のやることだから、また人が亡くなるかも知れないと思わなかった?
「あ-------。思いませんでした。」

人が亡くなるという不安や意識は全くなかった?
「はい。」

強制捜査が入って、教団はどうなると思った?
「・・前に富士(総本部道場)に入った。今回も書類やらパソコンだけ持っていって、それだけなのか、それ以上なのか分からなかった。」

麻原はどうなると?
「今考えるとちょっとあれなんですけど・・・捜査が入って、それだけなのかなってちょっと思いました。」

サリン事件が発覚するとは思わなかった?
「あの時はそこまで考えてなかったです。」

山形に “死んでもいい” と言ったのは、山形の証言を聞いても思い出せなかった?
「はい。明確には。」                                                                                     

“死んでもいい” というのはどういう気持ち?
「大ごとになって・・ショックが大きかった。」

松本サリン事件は、事件後に新聞で知ったか、読んだ人から聞いたか。平成6726日の数日以内には知った。
当時、死傷者の人数は認識していなかった。教団の犯行だとは思っていなかった。疑われているという認識は分からない。

平成71月時点で教団がサリンを作っていると思っていなかった。
VXは作っているがサリンはないと思っていた。

前田検事
アタッシュケース事件で、科学技術省の作るものは100%効くはずがないと確信していた?
「当時の科学技術省の・・変な言い方ですけど…野球の打率で言えば “1割以下”
ほとんどが失敗作。できたと言ってもできてなかった。」

仮谷事件でショックだったと言いていたが、ウイルスもまた人を傷付けたり死なせるという不安は?
「なかったです。人が死ぬとは思ってなかった。」

渋谷ホームズで袋の液体を見て、何かは分からなくて、想像もつかなかった?
「はい。」

まいたらどうなるかも考えなかった?
「考えませんでした。」

液体が全く何か分からないのに不安がないのはどうしてですか?
・・・こうゆー質問 好きデスっ(ӦvӦ。)!

「やっぱり…科学技術省が作ったものだからとは思いましたね。」

サリン事件については徐々に新聞で知っていった。
旅館やマンションにテレビはあったが新聞の情報が多かった。自分が買ったり買って読んだ仲間から聞いたり。

322日の上九の一斉捜査はたぶん誰かから聞いて知った。テレビを見た記憶もある。
当日のことがはっきりしないが、捜索が入る前に知っていたかも。
富士道場に入った時くらいの規模しか想像しなかった。

井上の指示ですぐに今川の家を引き払い、行き先はなんとなく北の方に行くんだと言っていた記憶。
なぜ引き払うのかの理由は聞いた記憶は残っていないが、強制捜査に関連するのではとちょっと考えたかも。各支部にも捜査が入るのではないかと。


都庁爆弾事件

林泰男から「発火装置みたいなものを作ってほしい。」と言われ、文句を言いつつもルミエールセゾンに行った。
(~_~メ)<何でオレなんだよー

“また騒ぎを起こすんだろうと考えた” の “また” とは?
「地下鉄サリン事件やアタッシュケース事件です。」

ルミエールでは、井上とほとんど話さなかった。
中川が予想外に詳しかった!
٩(♡ε♡ )۶<ヴァジラティッサ師スゴーイ☆

中川以外に、井上に言われて秋葉原に行ったことはない。

RDXの威力の説明は?
「説明はない、RDX大匙いっぱいで人が死ぬとは思わなかった。マッチの先を立てて擦った時のパチッて音と似ていた。何十倍にしても死ぬほどとは思わなかった。
※小学生のときによく遊んでいたそう。マッチ棒を垂直に立てて押し当てて回転させると音が鳴るそうな

“ひょっとしたら破片が飛んだり火傷するかもと思った”という根拠は?
「一応…燃えるものなので、火傷は考えられる。破片は確かな根拠はない。ただそうかなと思っただけなので…。
ただ単にボーっと燃えるだけではないと。でも大匙いっぱいでは死なないと当時思った。」

17:30 閉廷

スマンガラとにかく覚えてないのが多すぎ(~_~メ)
ホントにホントにイラついた裁判だったー!

【オウム】高橋克也 第35回公判①被告人質問3日目

2015年3月25日
高橋克也
東京地裁 104号法廷
平成24年合(わ)第131号等
殺人、殺人未遂、爆発物取締罰則違反、
逮捕監禁致死、死体損壊

被告人質問3日目       
前日のVX事件の質問の続きです☆


◆水野さんVX事件

野村検事
皮膚に一滴つくだけで死ぬ可能性がある毒物という説明はあった?
「なかったと思う。VX事件の中で誰かがそういう事を言ってたってことはない。」

どういう毒物だと思った?
「特にそれは考えなかったです。」

人がどうなるかは考えなかったということ?
「はい、そこまでは考えなかった。」

信徒をかくまっている人に何のためにすると思った?
「そこまで考えなかったです。」

教団にとって邪魔な人間だから毒をかけるんだと思わなかった?
「思わなかったです。」

中川か山形に、もし自分の体についたらすぐに自分のところに来るように言った?
「自分はちょっと・・・覚えてないです。」

廃屋のトイレで見張りをしていた時にもしかしたら注射器を見たかもしれないが、明確な記憶はない。
注射器の中の液体を見た記憶はない。
酸素ボンベは浜口さんの時は見たが、水野さんと永岡さんの時ははっきりしない。

中川が何をしに来ているかは考えなかった?
「・・・(沈黙)・・・はい・・・。なんていうんでしょ…。我々と同じワークという認識しか…。」

VX事件全体で錠剤を見たことはない。今の記憶では自分は飲んでいない。

山形が水野さんに最初にかけた後の結果を調べていな事にグルから叱責。
→調べたらピンピンしている事が分かった。

教団が作るものは効果がないんだろうと思った。
VXは気分が悪くなる程度の効果だろう。

浜口さんVX事件

新実と一緒に大阪のあちこち回った。
何らかの非合法活動、VXをやるとは思わなかった。

ホテルコンサルトに泊まった。当時、CHSでホテルに泊まるときはいつも偽名。
井上「公安のスパイがいる!また神通力をかける。」

永岡さんVX事件

誰に一滴と言われた?
「永岡さんです。ひょっとしたら息子さんって話も出たかも。確かそういうような意味だった。当時2人の事は知っていました。なぜたらすのかは特に考えていなかった。
永岡さんが脱会支援しているというのは当時あんまり詳しくは知らなかったが、どこかで聞いたような気がする。」

会長というのは知っていた?
「はい。」

教団と敵対しているというのは?
「そうとも言えます・・・」

最初は運転役だったのに急にサポート役になって、何をすれば良いのかほとんど理解できてなかった。
現場に着いてから言われたという記憶だったが、調書とかを見ていたら今川だったのかも。
サポート役と言われて焦った(´-﹏-`;)<まぢかよー

今川の家で、“傘を使って隠せばいい”と言った?
「言ったかもしれない。はっきり覚えてません。」

サポートの方法を教えてもらっていてもおかしくない。
永岡さんが出てきた時の暗号はあったかもしれないが覚えていない。
永岡さんの後ろに立って「急いで急いで!」と言ったかは覚えていない。
山形がかける場面は見たが、液体がかかった様子までは記憶にない。

山形はPAMはいいよーと言ったが、念のためと勧めた。

”完璧な仕事だ!職人芸だ!“ と言った?
「それは覚えていない。“うまかった” と言ったかも。山形の行為を褒めた。」

水野さん、浜口さん、小松よしのりさん、永岡さんと、VXをかけて何をしようとしていると思ってた?
「当時そこまでは考えていなかったです。」

ポアするという話は?
「ポアは知らなかった。誰もそう言っていない。」

林泰男と、事件について話した?
「記憶としてないです。」

永岡さんは入院してるけど死んでないと言った?
「言ってないです。」

19941212日にお父さんが亡くなったとうのは間違いじゃないですか?
「実は、日付は不確かです(~_~;)」

浜口さんが意識不明になったのが1212日ですが、その日にお父さんが亡くなった?
「違いますね。もっと前ですね。当時日付の感覚があまりなくて、父が亡くなった時に病院には行ったんですけど・・・」

1226日だったのでは?
「病院に行った時は意識してなかった。」

亡くなった場面には立ち会った?
「どの場面が亡くなったのか・・。あー!そうか、お医者さんか看護婦さん…今だと看護師さんですけど、が言ってたかも。」
・・・どんだけ覚えてなくてテキトーなんだ( ;∀;)!!!

オウムに出家して、お父さんに苦労をかけたと思わなかった?
「・・・(ながーい沈黙)・・・そうですね…。
出家した動機の一つは、両親に幸福になってもらいたかったので…。した 、しないに関わらず、あんまり幸せにできなかった。」

お父さんを亡くした9日後に永岡さんを襲うことにためらいは?
「・・・(沈黙)・・・(沈黙)・・ちょっと…回答になるかどうか・・
病院に行ったときに親戚も来ていて、一応遺体を実家に運んだときは一緒にいて、ふと思ったのは、CHSで一連の事・・をしてたんで、自分としては、ちょっと引き返せないなという思いがよぎったのは覚えています。
出家を止めて下向するとかはできない。

被害者の会は、出家した人の親御さんの会という認識はあったが、敵対する団体とは認識していなかった。
創価学会、江川紹子が教団が敵対しているという認識もなかった。

仮谷さん事件

有吉検事
助けてほしいと言っている仮谷さんの気持ちを考えた?
「・・・(沈黙)・・(沈黙)・・(沈黙)・・・
まあ、先ほど…乗せるのに集中していたと言ったけど、とりあえず乗せました。
そのあと車に座って思ったことは…乗せてしまったんですけど、かなり無理やりなやり方だったなと思ったことはあります。

林郁夫が来てどう思った?
「それは考えなかった。」

野村検事
違法、犯罪行為と分かっていた?
「はい。」

十戒、戒めに反するが、救済に役立つなら良いだろうと?VXの時もそう思った?
「特にそこまでは考えてなかった。」

違法なのに行った一番の理由は?
「指示があったからというのが大きいと思います。」

社会のルールより教義の方が大事という思いはその後も続いていた?
「まあ…そうでうすね、はい。」


アタッシュケース事件

どういうウイルスかは考えていなかった。
アタッシュケースの準備では、穴を隠すためにメッシュのような物を貼る作業を担当した。
遠藤が、マスクなどをせずにスポイトで入れていた。
スイッチを入れる時は息を止めろとか、酸素ボンベの話があったが、スポイトで入れる時はマスクや手袋はなく、危ない物を扱う感じではなかった。
効果がないのではと思った。
酸素ボンベは重くて、やたら邪魔だった。

「スイッチを入れる時は息を止めたんだけど、我慢できなくて吸っちゃいました(*ノω・*)テヘ!」

スイッチ押しました?怖気づいて押せなかったのでは?
「押しました。やたらと操作しにくかった記憶があります。」

終わった後、シャワーと着替え。

「サラリーマンの格好の準備のために買ったコートがえらく気に入ってしまって・・
終わったあとも着てていいのかな♡ってちょっと思ったから着替えたくなかったんですけど・・」


でも井上に脱いでって指示されて手放した。
たぶん処分された。。(´・ω・`)

2015年3月29日日曜日

【オウム】高橋克也 第36回公判⑧ 高橋シズヱさん

高橋シズヱさんの尋問と意見陳述です


高橋シズヱ
 夫の一正さんは霞ヶ関駅の助役をしていた。サリンの除去作業中に殉職。

高橋さん、同じ高橋ですね。高橋克也さんとお呼びしますね。
逃亡中の17年間で、辛かったことはありましたか?
・・・とーっても優しく語りかけるシズヱさんです( ´∀`)

「手配写真と似ていないことが分かって気にしなくはなったんですが、一連の事件の事というのは報道で思い起こさせられるし、なにかにつけてある種の緊張はずーっとしていました。写真を見ると、その緊張がよみがえったり、人と話すときに緊張したりとか。」

その緊張した生活の中で、何か楽しみだとか、笑顔になる事はありましたか?
「小学生の頃、犬を飼っていて…動物が好きなので、テレビの動物番組はホッとした感じでよく観てました。」

可愛いですよね。うちも猫を飼ってるんですよ。
「そうですか。」

夫の50歳の誕生日の翌日に*****ネコが2匹いて、まだ生きています。
・・・ここメモ取れなかった。もう20歳になる猫ちゃんがいるという趣旨です。

事件の事は振り返らなかったと言っていたが、遺族の事は考えた?
「自分らのやった事の大きさは折に触れて考えていました。」

“井上がテレビを観てはしゃいでいて、他は凍りついていた“ ということは、すでに大きな事件を起こした意識はあった?
「救急車があったし緊急の報道だったので規模は分からないですけど大ごとだとは。」

サリン後の爆弾で“また騒ぎを起こすのか”という事は、サリンも“騒ぎ”の一つだった?
「はい。」

重大な事件という意識はなかった?
「ありました。」

他にも被害者参加人がいたというのはご存じでしたか?
「はい、弁護士の先生に聞きました。最初の頃、様子が分からないので、どういう人が聞きました。」

死刑囚が出廷したが、印象に残っている証言や証人は?
「証言という事に関しては、貴重な証言をしていただいたと。
証人はやっぱり中川さんと新実さんだったと思います。新実さんは入信した時に受付をしてくれた人で、色々教えてくれた人。一緒の期間も長くて懐かしかったです。」

死刑ですけど、どう思いますか?
・・・(・・)!
「一言ではちょっと・・・」

脱会はしているんですか?
「自分の認識ではクビっていうか・・教団のほうから…報道されてる。クビになったんだなと。」

除名という事?
「あ、はい。」

それは自分の意志に反していること?
「はい。」

除名されなければいたい?
「それは・・今の教団は…。」

麻原に帰依してますか?
「質問なんですが、どういう面で?」

麻原を信仰してる?命を捧げられますか?
「彼の教えというのは、チベット密教と同じだなと言えるので、教えはまだ信じている面もあります。

教えには従っていきたい?
「共通する部分があるか確認してる作業中です。」
・・・作業どんだけ時間かかるんだ!?もう20年です!!!!!!

殺すのはいけないことだと分かっている?
「そうですね。」

人生の中で後悔していることはありますか?

「前は後悔だらけだった。色々考えていくうちに・・・例えば…そういうものがなくなったって言い方はおかしいんですけど、許せるようになった。自分自身を含めてですね。
後悔・・・結局、自分で怒りを持ったことに対しては後悔したことが多いです。人の困った事に気づけなくて助けてあげられなかった事も多いです。
・・・なに言ってんすか(~O~;)???わけ分かんないからあだ名は外崎に決定ーっ!
第23回公判☆外崎 証人尋問http://jazzytokyo106.blogspot.jp/2015/03/23_1.html?m=1

起訴された事件に関与したというのは後悔になりませんか?
「今の自分は後悔を行ったり来たり動いている部分も少しあります。」
・・・えっ (。-_-。) !?

地下鉄サリン事件で何人が死亡したか言えますか?
「はい。12人で、負傷者は6000人です。」

事件から20年経ってるの分かってますか?

高野「異議!」サリン事件では無罪を主張しています~なんたらかんたら・・

質問ちょっと変えて・・

「自分の中で、もうちょっと深い所まで考えることが必要かなと。今の思いはそういうとこです。」

私は夫を亡くしました。絶対に忘れないでください!
「はい、分かりました。」


◆意見陳述◆

長男は夫と同じ、地下鉄の職員をしている。
次男は今年 高校を卒業しました。

(一正さんが亡くなって司法解剖の後、臓器が大学で保存されていたという。)
夫の臓器…心臓、肺、腎臓、肝臓、冷凍された血液・・

たとえ臓器であっても、そこにいる夫に会いたいと思いました。

1995年の手帳にはお花見の予定が書いてあった。
しばらくお花見が嫌いでした。
林郁夫は裁判で「木々が芽吹くこの時期に人の命を奪った。」と言っていました。

オウムが上九一色村に侵入することを止められなかったと竹内精一さんから謝罪の言葉をいただきました。
大山友之さん(坂本弁護士の奥さんの父)も「食い止める事ができなくて申し訳ない。」と。
永岡さんも、私に謝る。 遺族が遺族に謝るのです。

被害者参加人として裁判に参加して、一番印象に残ったのは、豊田亨死刑囚です。
東京拘置所に出向いて行われました。ここよりも小さな部屋で、検事と参加人が一列に並んで座った。
豊田死刑囚は遺族に向かって10秒くらい深く頭を下げました。
被告は一度も頭を下げたことはない。
豊田死刑囚は “精一杯、記憶を思い出して” と被告にアドバイスを残しました。

自殺したおじいさんの話をしていましたね。
宗教に関心を持ったことや、何かしてあげればよかったと。

証言した死刑囚のように向き合って欲しい。

被告には厳正な処罰をお願いします。

1730 閉廷


感想など・・・

地下鉄サリン事件についてどう思っているかの質問に「分からない。」が衝撃的だった。
弁護方針で言及を避けているのか、本当に分からないのか・・・

「解消したって話にはなってないから今でもグルとは師弟関係。」は、やっぱりそうなのね~って(´-ω-`) 

「ポアが殺人という意味で使われていた事は逮捕後に知った」とか…そんな事言えちゃう神経の図太さはすごいと思った。強制捜査後、「ポア」って言葉流行ったからみんな知ってたもんね?

そして答えたくない質問は「一言では言えない」で全部はぐらかす・・

前日までは怒り爆発だったけど、この日はそれを通り越してっていうか・・もう悲しい気持ちでいっぱいになった。

被害者遺族の証言には涙を流す傍聴人多かったです。高橋はどんな気持ちで聞いてたんだろう。
やはり、マハームドラーの修行って感覚???

逃げることも、遺族や被害者の証言を聞くことも、尋問されることも、裁きを受けることも、信者的には全ては修行かなぁ(ㆆ_ㆆ) ?

被告人質問は。。やはり一番感心のあったとこなので、証人尋問の時とは比べものにならないくらい細かくメモ取った。この第36回公判だけでノート19ページ分!

こんなに字を書きまくったのは人生で初めてかも。公判中、手が何度も痙攣した(*_*)
ペンのインクも脅威の速さでなくなる。

3月23日からの第33回、34回、35回公判の傍聴記もUPしていきまーす!